便秘を改善・解消する方法や飲み物を試した口コミ・写真付きレビュー情報

PR


何日も便秘をしているとどうしても便秘薬(下剤)にたよりがちになってしまいます。

 

しかし、効果が強い便秘薬ほど副作用はつきもので、しかも副作用も強くなるものです。

 

便秘薬を使って便が出るようになるのは、薬剤により腸に刺激を与えたり、便を柔らかくするためです。
つまり、薬により無理矢理出しているので身体には必ず負担がかかります

 

そのため、薬を服用すると腹痛や下痢になったり、大腸の機能が低下し、より酷い便秘になっていきます

 

本当に便秘を解消したいと思っておられるかたはまずはぜひこちらの記事を参考にしてください
↓↓↓↓↓↓



自分自身の判断で服用する市販薬を使用する場合は、リスクをしっかりと分かっておく必要があります。
なので便秘薬の種類や副作用などについてまとめます。




便秘薬による主な副作用


下剤依存による便秘の更なる悪化

自分の体に合う便秘薬が見つかると、便秘になると下剤を使うという繰り返しになります。
すると、腸が刺激に慣れてしまい、効き目が悪くなり、量を増やさないと効果がなくなります。
そうなると自力で便意を起こせなくなり、慢性便秘がさらに悪化し、より刺激の強い便秘薬を使用するようになります。
もう便秘薬無しでは便は出なくなります。それが下剤依存症です。


下剤依存になる前に腸の機能を取り戻して毎日の快便を取り戻しましょう!



腹痛、下痢、吐き気

即効性がある強めの便秘薬(刺激性下剤)は、飲むとすぐに腹痛や下痢、吐き気といった症状が現れることが多いです。


ビタミン欠乏症による低血圧や動悸、全身のだるさ

下剤を服用することによりビタミンが失われ、ビタミン欠乏症になることもあります。
全身がだるい、低血圧、動悸、記憶障害などの症状が出る場合もあります。


脱水症状

便秘薬の中には体の水分を腸内に集めて便を出しやすくするものがあります。これはいつの間にか脱水症状を引き起こしている場合があります。
カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラルが大量に体から排出され、体内の電解質のバランスを崩し、最悪、死亡するケースもあります。


貧血

下剤により便を無理矢理出すと、鉄分も一緒に排出してしまいます。
鉄分に含まれる赤血球が不足することによって酸素が体内に行き渡らずに貧血状態に陥ります。



大腸ガンが発生しやすくなる

特に効果が強い刺激性便秘薬、アントラキノン系の下剤を長期に渡って使用すると、細胞が硬くなり、大腸が黒ずんできます。
これは大腸メラノーシスという副作用で、黒ずんだ患部は大腸の機能を低下させ、より酷い便秘になるだけではなく、大腸ガンを発症するリスクが高くなるなりますのでとても危険です。


そうなる前に、便秘薬に頼らず腸内環境を整えることによって排便できるようになるようにしましょう!


便秘薬に頼っていた私が便秘を解消して毎日快便になった方法も参考にして下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓


便秘薬(下剤)の種類と副作用


便秘薬(下剤)も種類はたくさんあります。
どのような種類のものがあり、どのような副作用があるのか見ていきましょう。


アントラキノン系便秘薬

市販薬の約75%程度を占める便秘薬です。
センナや漢方便秘薬の大黄などがここに含まれます。


アントラキノン系の下剤は耐性がつきやすく、長期に渡って使用すると効果が出なくなっていき、より刺激の強いものを服用するという繰り返しになります。


一時的に出すだけで、根本的な便秘の改善には程遠いものです。


体に負担をかけず、根本的に便秘を改善するならこちらの記事をご覧下さい
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


また、妊娠中の人は子宮の収縮を誘発することがあり、流産や早産の危険性があります。
さらに授乳中も厳禁です。薬の成分が母乳に混ざる危険性がとても高いです。


ジフェニルメタン系便秘薬


市販薬で用いられることが多い、ピコスルファートナトリウムやビサコジルなどの成分を含む便秘薬です。


刺激を抑え、自然に近い排便をもたらすという特徴があります。ですので、効き目が比較的軽く、副作用も少なめですが、それでも副作用が全く無いということはありません。


塩類下剤

腸内の水分を増やす便秘薬です。
浸透圧の高い成分を大腸にとどける、マグネシウム系の便秘薬などです。


腎臓疾患がある方は、マグネシウムがたまりやすく、マグネシウム血症になる危険性があり、心臓病の方にも心不全のリスクがあります。


膨張性の便秘薬

水と一緒に飲むことによって腸内で大きく膨張し、腸を刺激して押し出すタイプの下剤です。


カルメロースカルシウム、サイリウムなどの種類があり、腸管が狭い方は腸閉塞の危険性があり注意が必要です。



下剤や便秘薬による副作用まとめ

便がでないからといって安易に便秘薬を使い続けると、とても怖い副作用がたくさんあります。


依存性も高く、腸が刺激に慣れてしまうことにより、より強い作用があるものを使わないと効果がなくなってきます。


下剤依存症になってしまう前に、腸内フローラを整えて毎日便が出せる健康な腸を取り戻す努力をして下さいね。


下剤依存だった私が毎日の快便を取り戻せた方法はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓



関連ページ

便秘5日目以降の対処法!まずはウンチを出すのが肝心!すぐ出す方法!
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
便秘解消に効果がある飲み物!とにかく即効で出したい方にはこれ!
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
<本当にあった怖い話>危険!便秘が原因で死亡した女性がいます!
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
白湯で便秘改善するのに効果的な飲み方と注意点!最高のタイミングは?
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
コーヒーで便秘を改善するための正しい飲み方!カフェインを上手に活用
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
善玉菌を増やして腸内環境を整えるヨーグルトの選び方や効果的な食べ方
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
乳酸菌の効果(効能)がすごい!知らないと損をする乳酸菌の働き!
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
便秘薬が効かない!下剤依存に陥った私が毎日の快便を取り戻せた方法
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。