便秘を改善・解消する方法や飲み物を試した口コミ・写真付きレビュー情報


食事や運動で便秘の改善が難しい認知症の方にぜひ試してほしい特保認定のジュースがあります!
介護されている方の負担軽減にもつながります!


認知症と便秘というのはたいへん深い関係があります。


もともと便秘症の方は認知症により、より酷い便秘になることが多く、快便体質の方も認知症の発症後に便秘になる人も多いのです。


便秘が様々な病気の原因になったり、
便秘による不快感から眠りが浅くなり、徘徊につながっていくこともあります。


便秘は本人も辛いのですが、介護をする家族にとっても大問題です。


便秘により溜め込んだ便を出すのに便秘薬や下剤を使うと、急な腹痛によってトイレが間に合わず、リハビリパンツだけではなく、下着や服、ベッドや部屋を汚すことだってあります。


そんな時の後始末は何度やっても涙が出そうになります。


便秘は介護する側、される側、両方にとって大問題です。 


筆者である私の祖母は認知症と足腰の弱さから要介護4の認定を受けています。
祖母は認知症にかかる前は快便だったのですが、認知症を発症してから便秘になっていました。


そんな祖母の便秘を解消するためにお医者さんやケアマネージャーの方など、いろいろな人に相談していました。


そしてある介護施設の職員さんから紹介されたのが、
フィブロ製薬の「イサゴールという青リンゴ味のジュースでした。



イサゴールは1日2回、青リンゴジュースを飲むだけで便秘の改善が期待できるというのを聞き、半信半疑で試してみました。

すると、私の祖母には驚くほど効果的で、飲み始めて2日後にはウンチが出て、それ以降も快便習慣が続いています!
実は私も愛用しています。


認知症の方の便秘は大変な問題ですので、少しでも介護者の苦労が減れば幸いですので、参考にしてみて下さいね!


認知症の方の便秘改善に効果的な青リンゴジュース↓↓



イサゴールの特徴

私がなぜイサゴールを祖母に飲ませてみようと思ったかというと、
特定保健用食品(トクホ)に認定されているというのが一番の決め手でした!


「お腹の調子を整える」効果が厚生労働省に認められて、イサゴールはトクホに認定されているんです!


国が認めたトクホ食品ですので、効き目はもちろん、安心して使ってあげられるということが一番重要でした。


この安心感が認められて、色々な病院や介護施設でも使われています
これも大きな決め手となりました。


イサゴールの成分


イサゴールは成分の90%以上を食物繊維が占めています


サイリウムという植物の種皮が主原料になっています。
サイリウムは食物繊維の王様と呼ばれるほど食物繊維が豊富な植物なんです。


便秘薬などに含まれる下剤成分であれば、急な腹痛に襲われてトイレに間に合わないということも頻繁におこります。


さらに下剤は使い続けると腸が刺激に慣れてしまい、便秘薬が効かなくなり、さらに酷い便秘になることもあります。


しかし、イサゴールは下剤成分に頼らず、普段の食事では不足してしまう食物繊維を補って排便を促す健康食品です。


使い続けることによって効かなくなることはなく、むしろ使い続けることによって体が排便リズムを覚えて、便秘しにくい体質へと変えていってくれるのです!


トクホ認定!安心して使えるイサゴールの詳細はこちら↓↓↓



イサゴールの飲み方

食事の前後にイサゴール1スティックを水に溶かして飲ませてあげるだけです。


味は青リンゴ味のジュースなので美味しくいただくことができます。


しかし、毎日続けていくと飽きてしまいます。


さらに認知症の方は味覚が鈍り、濃いめの味の物しか食べず、吐き出してしまう方もおられます。
うちの祖母もそうでした。


ですので、イサゴールをジュースに溶かして飲ませてあげると味のバリエーションが広がって、さらに美味しく飲むことができます。

水だけではなく、ジュースや牛乳などに溶かしても成分が変わることはないので、色々な味を楽しめますよ(^^)


美味しく毎日快便に!イサゴールの詳細はこちら↓↓



便秘の種類と原因

@弛緩性(しかんせい)便秘
寝たきり、運動不足、食事の減少などによる腸のぜん動運動が不足して起こります。


A直腸性便秘
下剤などを飲み続けることによって直腸の感覚が鈍くなりさらに酷い便秘になります


B機能性便秘
レビー小体型認知症などの自律神経失調症によって胃腸の働きが鈍くなり便秘になります


C薬剤性便秘
認知症薬(アリセプトなど)や腸の動きを鈍くする薬を飲んでいるために起こる便秘


D器質性便秘
大腸に腫瘍があったり、腸の手術をした後、便の通過に時間がかかり、便が硬くなることによる便秘


便秘にもいろいろな種類がありますが、特に多いのが@の弛緩性便秘です。


弛緩性便秘を繰り返し、下剤に頼りだすとAの直腸性便秘になり、負のサイクルが繰り返されることになります。


改善方法としては、
毎日適度な運動を心がける
食事をしっかりと摂るようにする
オムツによる排便ではなく、毎日決まった時間にトイレで排便習慣をつける
便秘薬は使わない


などなど挙げられますが、認知症患者の方も大変ですし、介護者はさらにたいへんです。


ですので、毎日ジュースを飲むだけで食物繊維を補い、腸のぜん動運動を刺激して、自然な排便を促すイサゴールはおすすめなんです。


特に介護者の負担を減らせると思いますので、ぜひ一度試してみて下さい。
今なら一週間のお試しセットがあります↓↓



まとめ

認知症と便秘は非常に深い関係があります。
便秘による不快感から感情が荒くなり、暴言や徘徊を繰り返すこともあります。


毎日の運動や食事量の増量、排便習慣などによって便秘は改善されることもありますが、介護者にとってたいへんな負担になります。


食物繊維を補って便秘を解消するイサゴールであれば、便秘薬による直腸性便秘の心配もなく、毎日の排便習慣をつけることができます。


トクホ認定の健康食品ですので、効果を期待できる上に安心して使うことができます。


介護する側、介護される側、両方にとって大きな便秘という問題を解決するためにも、一度試してみてはいかがでしょうか?


↓↓一週間のお試しセットはこちら↓↓





関連ページ

トクホ認定のイサゴールは妊娠中や授乳中でも安心な便秘解消ドリンク!
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。
便秘薬や便秘茶に頼っていては便秘は更に悪化します!本当に便秘を改善する方法とは?
女性の天敵・便秘!頑固な便秘と闘うために便秘を改善・解消する方法や、飲んでスッキリすると口コミで人気になっている飲み物や食品を試して写真付きでレビューしています。